円形脱毛症の子供が増えた背景?

近年では、円形脱毛症が子供にも増え、子供を取り巻く環境の悪化と円形脱毛症の関係も問題とされています。円形脱毛症の子供が増えた背景には、ストレスの多い生活環境があると言われます。

精神的、肉体的なストレスにさらされると、子供ですら、毛髪に悪影響が出てしまいます。

 

円形脱毛症が子供に現れた場合、特にメンタルな部分での観察も大切になります。本人の大きな病気や入院など、身体面でのストレスで髪の毛が抜ける事もありますが、精神的なストレスの場合は特に注意が必要です。

また、子供の場合、円形脱毛症と間違いやすいトリコチロマニアと呼ばれる、脱毛癖による脱毛である場合も考えられます。ザイロリック

トリコチロマニアは、精神的不安定が原因で自分の毛を自分で引き抜いてしまう病気です。この病気は円形脱毛症と判断がつきにくいため、医師による診断が欠かせません。

 

円形脱毛症の子供には、同時にアトピー性皮膚炎や、小児ぜんそく、アレルギー症状などを併発している場合も多いようです。

また、中には自律神経失調症と見られるさまざまな症状を訴える子供もいます。このような場合、皮膚科医と小児科医、双方の協力のもと、治療を進めることとなります。

いずれにしろ、円形脱毛症の症状に気がついたときは、早い段階で皮膚科を受診し、適切な円形脱毛症治療を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です