AGAの進行はいつ頃から発症するのが一般的?

一般的には「薄毛」や「ハゲ」と聞くと、50代や60代くらいのバーコードおじさんみたいな想像をする人も多いと思います。しかし実際にはもっと若い世代でも薄毛やハゲで悩む人はたくさんいます。

男性の薄毛の原因は9割がAGA(男性型脱毛症)と言われていますが、実はAGAの発症は思春期以降ならいつでも起こりえると言われています。つまり、最も早い場合は10代からでも抜け毛が急激に増えたり、生え際が後退してくるケースもあるということです。

さらに20代になるとさらに薄毛人口は増え、30代までに薄毛で悩む人は意外と多いのです。この年代ではいわゆる若ハゲと呼ばれますが、実はこのあたりから危機感を持ちケアしておくことで、将来の薄毛確率が下がるというのも事実です。

予防ケアが将来を大きく左右する!

多くの方は、少し薄毛が気になったとしても見て見ぬふりをしたり、まだまだ大丈夫だとケアを怠りがちですが、しっかりと10代、20代あたりから予防ケアしておくのが一番効果は高いのです。薄毛は対処治療というより予防治療なので、発症する前からケアしておくことでかなり未然に防ぐことができます。

とくに薄毛には遺伝的な要因も大いにあるので、家系的に心配な方は今まだ症状が出ていない段階から、頭皮をマッサージしたり食事バランスを整えたりと、意識的に予防しておくと将来の頭皮環境が大きく変わってきます。

若ハゲ対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です