薄毛に一番イイ髪型は坊主に決定!メリットだらけです

突然ですが質問です。もしも今セットしている髪型が薄毛や抜け毛に襲われた時貴方は髪型を上手く誤魔化して維持しますか?それとも変えますか?

もし後者の変えるを選んだ方、どれが最適だと思いますか?ショートヘアー?ソフトモヒカン?それもいいでしょう。けど私は「坊主」を推します。坊主とは「純粋に髪を短く切っただけ」と至ってシンプルな髪型です。どうしてこの髪型を推すのかをそのメリットをお教えしましょう。

洗髪が楽入浴すれば大体の人は髪を洗うでしょう、しかし髪が長ければ長いほど洗うのに時間がかかるし乾かすのにも時間がかかる…ですが坊主は真逆の存在、洗う時間も乾かす時間も短いのでささっと行えてすっきり出来ます。下手すればドライヤー要らずでタオル一枚あれば乾くとリーズナブルです。

ヘアカッター(バリカン)一つさえあればいい坊主の利点の一つは「バリカンさえあればいつでも自分でセルフカット出来る」と言う点です。1000円カットでやった場合、週一回の計4回つまり4000円の出費を12ヶ月分となると「48000円」程になり、思いの外大出費です、それなら自分でバリカンを買った方がそれの1/10以下に押さえることも出来るので経済的です。

現在のバリカンは好みの長さに揃えられるアタッチメントもデフォルトで付属しているので長さ調整に失敗と言う事も少なく、初心者でも安心して使えます。この二つだけでも魅力的なのですが私が真に推す理由はこれです。

何より薄毛やハゲを隠せる薄毛やハゲと言うのは別の見方をすれば「そこだけ短くなった」と言えます、ならば他の髪も短くして隠してごまかしてやればいいのです。ことわざを使うなら「木の葉を隠すなら森の中へ」です。薄毛等の進行具合にもよりますが経験上1~3mmなら気づかれにくいです。長めの坊主だと却って薄毛部分を目立たせてしまうので最適なやり方として長めに長さを揃えて徐々にハゲが目立たない長さになる様に細かくやって行くと失敗しにくいです。

以上が私が坊主を推す理由です。坊主と言うと強面(こわもて)な雰囲気にもなりやすいと言うデメリットも無くはないですがハゲや薄毛に悩まされるぐらいならいっそ髪なんか捨ててしまっていいかもしれません。むしろ自分はハゲていると堂々としていれば却って潔く受け入れて好感度が上がるかもしれませんよ?また、髭やメガネなどである程度視線を散らして薄毛を目立たせないこともできます。髭が生えない人はこちらのサイトも参考にしてみてください。

薄い髭を濃くする方法10選!ただの噂や都市伝説も暴露

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です