まさか私が?加齢や出産によってひどくなる抜け毛にショック・・

薄毛が始まっていることに気づくと、本当に落ち込みますよね。

昔から髪は多い方で、なんとなく自分はハゲないという自信があったので、初めて大量の抜け毛に気がついた時は、まさか自分が…という感覚でした。しばらくは鏡を見ることが怖くて、現実を受け入れられなかったんです。

家系的にはフサフサというほどではないけれど、薄毛でもないため、どうして私だけ?と不思議で仕方ありませんでした。遺伝でハゲると思っていましたが、実際はそれほど関係ないようです。なぜ自分だけ薄毛になってしまったのか考えてみたのですが、もしかすると洗いすぎが良くないのかもしれません。

例えば遊牧民族やお風呂に入らない習慣のある人たちを見てみると、驚くほど髪の毛がフサフサしています。毎日お風呂に入ることが当たり前の私たち日本人からすると、髪を洗っていないのにフサフサというのが不思議で仕方ありません。ただ、洗いすぎが薄毛の原因になってしまう可能性もゼロではないようです。

毎日しっかり洗う日本人は、皮脂の落としすぎで却って薄毛を招いてしまうことも少なくないのだとか。私は頭皮が脂っぽくなるのが嫌で、一日2回シャンプーをすることもありました。サッパリして気持ちいいのですが、もしかするとこれが薄毛の原因となってしまったのかもしれません。皮脂を落としすぎたことで、頭皮が敏感になってしまったのでしょう。

今後の薄毛対策としては、まず洗いすぎを防ぐためにシャンプーは一日一回で抑えることにします。皮脂を落とし過ぎないよう、洗浄力の強すぎないシャンプーに変えてみます。私の場合は加齢による薄毛ですが、女性の場合は若くても薄くなることがあります。とくに子供を産んだ後はホルモンバランスの乱れで急激に抜け毛が増えることもあります。たいていは放置しておけば徐々におさまってきますが、なかなか治らない場合は女性用の育毛剤なども使うと回復も早いでしょう。

産後の抜け毛 育毛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です