そのシャンプーが抜け毛の原因かもしれませんよ!

髪が薄くなる人は原因はそれぞれですが、中にはシャンプーが良くない人もいます。ここではシャンプーと薄毛について解説します。

石油系合成シャンプー 髪の健康のためには毎日のシャンプーと洗髪後のコンディショナーをしましょう。しかし使うシャンプーは気を付けたいです。

市販されている安価なシャンプーを使う人も多いでしょうが、これらは石油合成系の界面活性剤を含んでいるものがたくさんあります。しっかり洗い流したつもりでも微量の液剤が残っていて、皮膚に浸透して頭皮に悪影響を及ぼすケースもあります。石油系合成シャンプーは必ずしも頭皮に良いとは言えませんから、天然成分が入っているアミノ酸系界面活性剤のシャンプーを利用する方が良いでしょう。

もしそれがなければ石鹸を使った方が良いくらいです。石鹸で汚れが落ちるのかと不安になるかもしれませんが、石鹸は天然成分である動物性油脂か植物性油脂でできています。油脂はメイクを落とす時のクレンジングにも使用されています。脂の汚れを落とすには十分な力があるのです。

リンスの注意点 シャンプーをした後にリンスをする人が多いでしょうが、その仕方には気を付けましょう。リンスは髪に膜を張り、外部の刺激から髪を保護するのが目的です。ですから髪だけに付けるのが正しいやり方です。

頭皮にゴシゴシ刷り込むような人もいますが、頭皮にも膜を張る事になりますから、育毛剤などを使用しても浸透がうまくいかなくなります。薄毛の原因がシャンプーである事もありますから、頭皮への刺激を考えてシャンプーを見直してみる事も大事なのです。

もしそれでも薄毛が進行する場合はフィナステリドやデュタステリドなどAGA治療薬を使った方が改善は期待できますが、これら医薬品には副作用もあるのである程度覚悟は必要です。こちらのデュタステリドの副作用を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です